« 安静の退屈(安政の大獄じゃないよ) | トップページ | 足底腱膜炎逆療法その8(外ランニング6km) »

2010年5月 4日 (火)

足底腱膜炎逆療法その7(外周3km)

 予告通り、外ラン敢行です。ただし、あくまでも様子見なので、公園内コースを1周3.15kmだけです。
 タイムは17分30秒丁度で、これまでより1分強のビハインドです。数ヶ月ぶりの外ランとしては、まずますと言って良いかと思います。
 しかし、問題は、やはり足への負担です。腱膜炎自体は耐えられるレベルなのですが、腱膜炎とは逆の右足への負担が顕著に現れて来ました。これが、トレッドミルと外ランの違いと言えます。
 外ランでは、路面を蹴って自ら推進力を作り出さなければなりません。腱膜炎の左足は、支える程度の荷重しか出来ないので、どうしても右足に負担がかかります。おそらく、これを続けていると、右足の故障が発生することになります。
 このまま、逆療法が奏功すれば、右足負担は軽減されるのですが、この先の見通しは難しいところです。
 最後に本日の筋トレメニューですが、メインセットは、足上げベンチプレス100kg×8レップス×3セットを成功させました。ほぼ完全復帰と断言して良いかと思います。幸い筋トレ系では故障箇所がないので、今後もガンガン行けそうです。ベンチ150kg復活に向け、これからもトレーニングに励みたいと思います。
 本日は、以上です。
 

|

« 安静の退屈(安政の大獄じゃないよ) | トップページ | 足底腱膜炎逆療法その8(外ランニング6km) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/48267996

この記事へのトラックバック一覧です: 足底腱膜炎逆療法その7(外周3km):

« 安静の退屈(安政の大獄じゃないよ) | トップページ | 足底腱膜炎逆療法その8(外ランニング6km) »