« ベンチ102.5kg×8復活(足上げ) | トップページ | 客観的判定の必要性(東京都PL大会DVD着) »

2010年5月16日 (日)

審判員デビュー戦無事終了(東京都BP大会)

 本日、5/16(平成22年)は、東京都春季ベンチプレス大会の開催日でした。このブログでも何回かお伝えしておりますが、この試合が、私の審判員デビューデ戦となりました。
 一応、法律関連の仕事で飯を食べている関係上、自分自身の良心に従って判定し、決して他の審判員の判定につられることは致しませんでした。
今回の判定システムは、ランプ方式でしたが、それでも判定時は、敢えて目を閉じることで、他の審判員の影響を受けないように努めました。
そのためか、私一人だけが赤判定というケースが、数件発生しました。周囲からは厳しい審判員と思われたかも知れませんが、今思い出しても、正しい判定であったと考えています。
 東京都記録更新がかかったケースや、第1試技、第2試技を落として、第3試技も落とすと失格のようなケーズでは、どうしても心理的に赤判定を出しにくくなりますが、そこをこらえて、客観的判定に徹したつもりです。
 試合は体力的に疲れますが、審判は、精神的に疲労感があります。つきましては、本日は、これにて失礼致します。
 

|

« ベンチ102.5kg×8復活(足上げ) | トップページ | 客観的判定の必要性(東京都PL大会DVD着) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/48377944

この記事へのトラックバック一覧です: 審判員デビュー戦無事終了(東京都BP大会):

« ベンチ102.5kg×8復活(足上げ) | トップページ | 客観的判定の必要性(東京都PL大会DVD着) »