« 10kgプロテイン残りわずか(約2ヶ月で消費) | トップページ | 半袖へ衣替え(もし長袖ベンチシャツがあったら) »

2010年5月21日 (金)

トレーニングを安全に(マナーからルールへ)

 トレーニングで何が一番大切かと問われれば、安全です。怪我をするためにトレーニングを行っているわけではありません。その点で最近、気になる点が、2つ。
 まず、靴ひもです。これがゆるゆるの方がいます。しっかり締めるのはもちろんのこと、余った紐は、きちんと折りたたんで、床に着かないようにすることが必要です。自分が踏んでしまうことも危険ですが、他のトレーニーが踏んだらなお、危険です。特にその方が思いダンベルを運んでいる最中であれば、大事故の可能性もあります。
 次に、稼働中のマシーンに近寄らないことです。マシーンとマシーンの間は、通り道ではありません。当人は、ショートカットのつもりなのでしょうが、重量プレートにでも接触すれば、大事故になることは必至です。そうでなくとも、マシーン利用中の方は、集中が切れてしいます。
 加えて、マシーン利用中、直後のトレーニーに、声を掛けるのもルール違反です。ラストの追い込み後は、立てないこともあります。というより、立てなくなるまで追い込まないと、真のトレーニンとは言えません。
 ゴールドジムなら、絶対に他のトレーニーの邪魔をする行為はあり得ないのでしょうが、フィットネス系のジムでは致し方ないのかも知れません。
 本日は、以上です。
 

|

« 10kgプロテイン残りわずか(約2ヶ月で消費) | トップページ | 半袖へ衣替え(もし長袖ベンチシャツがあったら) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/48413909

この記事へのトラックバック一覧です: トレーニングを安全に(マナーからルールへ):

« 10kgプロテイン残りわずか(約2ヶ月で消費) | トップページ | 半袖へ衣替え(もし長袖ベンチシャツがあったら) »