« 自転車タイヤパンク(交換か購入か) | トップページ | スクワットの深さ動画で確認(やはり甘かった) »

2010年6月27日 (日)

OS再インストール完了(いつものこととは言え・・・)

 このところ、PCが不安定になって来たため、OSの再インストールを実行しました。ウィンドウズでは、恒例、定例のこととはいえ、何とかならないものでしょうか。
 再インストールで、やっと起動1分台に戻りましたが、再インストールの直前は、起動に5分もかかる状態でした。シャットダウンすら、まともに実行できないのですから、あきれて果てます。購入から、まだ2年しか経っていないのにこの有様です。トヨタプリウスのブレーキフィーリングどころの問題ではありません。この起動の緩慢さが、iPadユーザーを増加させる一因ではないかとすら思われます。
 トレーニングは、十分にアップを行ってからメインに入るのがセオリーですが、PCは即起動でお願いしたいところです。
 それにしても、かつては、再インストールは大事でした。WIN95マシーンでは、いちいちドライバーを当てなければならないので、本当に1日がかりの仕事でした。それが、XP以降は、かなり楽になっています。今回の再インストールでわざわざドライバーを当てたのは、ひとつだけで、後は全部自動で割り当てられました。デバイスマネージャーで確認しても、?マークはひとつもありません。かつては、?マークが1つあるくらいが普通の状態でしたので(それでもきちんと動作しますが)、隔世の感があります。
 ウィンドウズ系は、これでOKなのですが、業務用の設定が待ち受けています。これが大仕事です。eガバメントなどは、口先だけで、なぜここまで使いづらいサイトの作りこみをするのか、不思議でなりません。面倒なだけならまだしも、特定アプリの特定バージョンしか対応できていないため、役所ごとに別PCを用意しなければならないことすらあります。
 各紙誌の報道によると、納税者番号制の導入にあたり、住基ネット番号を流用することになりそうです。それならば、それで一向に構いませんが、この住基ネット番号を、大至急、各行政機関のログインIDとして、利用できるように対応してもらいたいところです。というか、そもそも、根本的には、ログイン画面は、全役所共通にするのが、当然です。共通の行政サービスログイン画面で、認証後、各役所へ飛べるようにすれば済むだけのことです。最近流行のクラウド型で作りこめば、大した費用にはならないはずです。おそらく各省庁で、独立してサーバー立てているよりも、格段に安くなるはずです。
 大体において、オンライン申請用のサイトなのに、夜8時までしか使えないようなシステムを作る発想が理解出来ません。おまけに、電子申請でありながら、事前に書類をFAX送付する必要があります。加えて役所からの文書交付は手渡しオンリーなので、結局役所へ出向かなければなりません。どこのサイトとは言いませんが、これで何十億もかかっているとは、理解に苦しみます。
 昨日のブログでも申し上げましたが、「政府はもっと失敗する。政府は成功しない。」の典型例と言えます。
 話は横にそれますが、民間企業の役員報酬を開示させるなら、全天下り法人の理事の報酬も全面開示すべきでしょう。民間企業は、自身の儲けですが、特殊法人は補助金で成り立っているのですから、より開示すべき要請が強いと言えるのでないでしょうか。 
 本日は以上です。

 

|

« 自転車タイヤパンク(交換か購入か) | トップページ | スクワットの深さ動画で確認(やはり甘かった) »

コメント

> そもそも、根本的には、ログイン画面は、全役所共通にするのが、当然です。
> 共通の行政サービスログイン画面で、認証後、各役所へ飛べるようにすれば済むだけのことです。
> 最近流行のクラウド型で作りこめば、大した費用にはならないはずです。
> おそらく各省庁で、独立してサーバー立てているよりも、格段に安くなるはずです。

現在の住基ネットは、インターネットを介さない独自の通信仕様で構築されているようです。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/daityo/juuki09.html
> ネットと聞くと、ハッカーやウイルスの問題が心配になりますが・・・
>  住基ネットは、専用回線で構築されており、インターネットは利用していません。
>  また、住基ネットの入り口には指定情報処理機関が24時間監視するファイアウォールを設置するほか、
> インターネットで利用される通信方法(電子メール送受信やホームページの閲覧など)ではなく、
> 独自の安全な送信方法を利用しています。
> したがって、万が一、市町村のシステムにハッカーやコンピューターウイルスが入ってきたとしても、
> 住基ネット内に入ることはできません。

「Webサービスの認証部分のみを、各省庁共通のリソースで処理する」という
システム設計の一案を指して「クラウド」とおっしゃっているようですが、
なぜそのような設計にすれば経費節減になるのかがわかりません。

個人情報の取り扱いには今後さらに慎重さが要求されます。
外部からの侵入と内部の役人による悪用を防ぐために血税を投入し、
この独自プロトコルによる合意でまとまったのでしょうから、
もしインターネットに切り替えたらそれと同じだけ以上の費用が新たに発生するでしょう。
つまり認証窓口部分の共通化により、新たに独自回線の構築費、毎年の運用費がかかるわけです。

さらに、既存のあらゆるシステムの一部統合化です。
既存システムの横断的な調査費、システム改築費(DB,NW設計の根幹から)がかかります。
できればですが。
大手銀行の統合のたびにATMを含めた全システム停止期間を確保し、
膨大な開発費、現場への負担をかけたにもかかわらず問題は実際におきました。
民間企業でさえこうなのです。システム統合の困難さと高額さは推して知るべしです。

投稿: ねずみ | 2010年6月27日 (日) 午前 11時17分

ねずみさま
コメント有難うございます。
専門的には、いろいろ問題あるようで、
ご指摘助かります。
拙いブログですが、
今後とも、宜しくお願い致します。

投稿: 管理人 | 2010年6月28日 (月) 午前 02時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/48730037

この記事へのトラックバック一覧です: OS再インストール完了(いつものこととは言え・・・):

« 自転車タイヤパンク(交換か購入か) | トップページ | スクワットの深さ動画で確認(やはり甘かった) »