« 徒歩でジムへ(冬なら良いかも) | トップページ | GVTで肉離れ寸前(but懲りずにベンチ) »

2010年7月 5日 (月)

GVT効きすぎ(歩行困難状態)

 表題の「GVT」とは、ジャーマン・ボリューム・トレーニング法を指します。10レップス法とも言われているトレーニング方法です。
 具体的なトレーニング内容は、20回出来る重量(MAXの約60%)を、10レップス×10セットを、インターバル1分で行うというものです。このインターバル1分がポイントです。
このトレーニング方法を、トレーニングジムのエアロバイク用雑誌(アイアンマン)で知り、早速試してみました。
 正直キツすぎのトレーニングです。1セット目をこなした段階では、これで筋力アップにつながるのかと不安になる程、負荷が弱いのですが、徐々にインターバル1分の恐ろしさを実感することになります。5セット終了後は、中断を考えるほど、キツさが増加して行きます。
 それでも、とにかく気合で10セットをクリアしましたが、ここまで追い込んだのは、今までになかったのではと思えるほどの厳しさです。10セット終了しても、しばらくは立ち上がれない状態で、発汗も尋常ではない状態です。普段は、仕上げに有酸素系として、エアロバイクを行うのですが、さすがにこれは断念です。それどころか、ロッカーへ戻る途中で、ヘタリこんでしまう始末です。
 そして、翌日(本日)の状態ですが、歩くのも困難な状態にまで、筋肉痛が発生しております。雑誌の記事によると、初めてこのトレーニングを行った場合、4,5日は筋肉痛が収まらず、歩行困難な状態が続くとのことでしたが、まさにその通りの状態に陥っております。
 本格的な筋肉痛は、中1日で襲って来ますから、これからが本当の恐怖といえます。明日のブログが更新出来るか少々不安ですが、出来る限り、明日の筋肉痛状態もご報告出来ればと思います。
 本日は、以上です。
 

|

« 徒歩でジムへ(冬なら良いかも) | トップページ | GVTで肉離れ寸前(but懲りずにベンチ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/48804883

この記事へのトラックバック一覧です: GVT効きすぎ(歩行困難状態):

« 徒歩でジムへ(冬なら良いかも) | トップページ | GVTで肉離れ寸前(but懲りずにベンチ) »