« GVTやりすぎか(スクワットで完全ダウン) | トップページ | 全日本PL大会のとある主審の振る舞い »

2010年7月26日 (月)

この張り紙が目に入らぬか(土足禁止)

 昨日、本日と、全日本パワーリフティング大会の大会役員を勤めて参りました。今回の大会会場は、駒沢オリンピック公園内の屋内球技場だったのですが、名称通り、東京オリンピックの際に建設された体育館なので、なんと空調なしです。そのため、二言目には、暑いの言葉が、ついつい出てしまう状況でした。
 そのようなコンディションのため、デッドリフトで、バーの滑り落ちが目立ちました。十分に引けているにもかかわらず、汗で滑って失敗試技です。炭酸マグネシウムをいかに大量に手にまぶしても、汗ですぐにヌルヌルになる状態です。このような体育館が選択されてしまったことは、選手の皆さんに、申し訳ない位です。
 このような悪コンデションのため、なんと三土手氏が、デッドリフト、3試技(全て275kg)失敗となってしまいました。
 スクワット400kg、ベンチ312.5kgを成功させながら、最後のデッドリフトで失格です。リフト自体には、全く問題がなく、まさに、滑り落ちが失敗の原因です。悪コンディションは、全員に共通とはいえ、まことに残念な結果です。
 このように、空調なし会場のため観客の皆さんも汗ビッショリで、苦労されたかと思います。実際に、体調を崩された方もいるようです。
 それにもかかわらず、多くの方が応援に駆けつけていただき、主催者スタッフとして、感謝の念に絶えません。
 そのような皆さんでしから、基本的には、体育課の使用ルール無視ということはないのですが、一部に土足で体育館のアリーナへ入ろうとする方がありました。観客席は土足で何ら問題ないのですが、試技を行っているアリーナは、明らかに土足禁止です。バスケットボールや、バレーボールのコートに、土足で入る方は有り得ないはずです。
 普通の運動靴ならまだしも、ハイヒールは、床板を傷つけるので、放置、看過することは、さすがに出来ません。それにもかかわらず、ハイヒールで入場される方が、後を絶たないため、仕方なく、土足厳禁の張り紙を出しました。
 しかし、それにもかかわらず、土足で上がり込む方は減りません。それどころか、張り紙を踏みつけて行く方まで出る状態です。
 その時の心理状態ですが、進化したゴキブリに、ゴキブリホイホイの上を余裕で通過された時のような心持ちです。ある種の虚さを感じます。
 借りたものは、借りたとき以上の状態で返却する。高校の部活で、他の体育館を借りる際、そのように厳しく指導されました。チリひとつでも、落ちていたら、罰として、全員コート1周のうさぎ跳びです(そのような時代だったのです)。
 最後の片付けにあたって、個人的には徹底的に綺麗にしたつもりですが、体育館管理者の方が、納得いただけるレベルまで達していたか不安が残ります。
 ただでさえ、悪コンディションのため、デッド時にバー落下で、床へ余計な負担をかけていた可能性もあります。管理者サイドとしても、高重量(300kg以上)のバーベルが自由落下するのですから、何らかの懸念を持たれても、致し方ないところです。
 もちろんプラットフォームがしっかりとしているので、現実的には、問題はないのですが、土足ハイヒールの件もありますので、体育館関係者の皆様には、ご迷惑をお掛けしたことを、この場を借りて、お詫び申し上げたいと思います。
 次にお借りする際は、きちんと土足禁止を事前告知しますので、使用禁止の措置などが採られませんよう、お願い申し上げる次第です。
 本日は、以上です。
 

  

 

|

« GVTやりすぎか(スクワットで完全ダウン) | トップページ | 全日本PL大会のとある主審の振る舞い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/48977158

この記事へのトラックバック一覧です: この張り紙が目に入らぬか(土足禁止):

« GVTやりすぎか(スクワットで完全ダウン) | トップページ | 全日本PL大会のとある主審の振る舞い »