« 何気に無線化(有線よりもサクサク) | トップページ | 調整の日々(若干不安あり) »

2010年9月21日 (火)

即時死刑執行停止を(大阪地検証偽造事件)

 事件の詳細は、説明するまでもないと思います。言語同断の話ですが、これは、決して、この事件い限ったことではないと考えるしかありません。本件は、偽装捜査の氷山の一角です。他にも、有罪を得るために、証拠偽造を行ったケースがあるはずです。偽造まで行かなくとも、被告人に有利な証拠を紛失するなどは、当然に行われていたでしょう。
 検事生活を送るうちに感覚がまひしてくるのです。すなわち、真犯人である以上、証拠を偽造してでも、有罪判決を得ることが仕事と考えるようになるのです。
 従って、注意すべきは、これはまさに組織ぐるみの犯罪であって、決して一検事個人の犯罪ではないとことです。
 この点、検事個人を逮捕したことで、いかにも個人犯罪で終わらせようとする意向が感じられます。今後の展開に注意しなければなりません。

 そして、このように、検察による証拠偽造の事実が明らかになった以上、死刑は廃止せざるを得ません。死刑は執行されてしまったら、もはや取り返しがつかないのですから(憲法31条違反)。
 現在拘置中の死刑囚に関しては、とにかく、即時、執行停止です。こうなった以上、死刑判決に関しては、全件調査しかありません。全事件の、全ての証拠を(法廷未提出分も含めて)、第三者(弁護士がベスト)が精査することが必要です。10年かかろうが、20年かかろうが、それまでは、死刑執行は絶対に禁止です。これにかかる費用は、当然検察予算を削減して、負担させるしかありません。
 これが、民間企業であれば、業務改善命令どころの話ではなく、営業停止です。検事総長の引責辞任はもちろん、検事長クラスも、責任を取ってもらうしかありません。後任は、民間から採用です。弁護士か、大学の刑事系教員が相応しいかと思います。そして、以後も、検事総長は、民間ポストに固定です。検事長の半数も民間ポストとします。
 

 それにしても、最終更新日を偽造することは、うっかり出来ることではありません。故意に行わない限り、偽造出来ません。その手口は、以下の通りです。
 まず、PCをネットワークからはずして、スタンドアローン状態にする。次に、タスクトレイ右下の時刻をダブルクリックして、 日付と時刻の設定変更を行なう。この設定時刻を任意の日時に変更した上で、ファイルを開いて、上書き保存する。
 これらの作業が、うっかりで出来るわけがありません。なんともお粗末な言い訳です。これを見抜けないマスコミのレベルも、お粗末として言いようがありません。
 本日は、以上です。

|

« 何気に無線化(有線よりもサクサク) | トップページ | 調整の日々(若干不安あり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/49523100

この記事へのトラックバック一覧です: 即時死刑執行停止を(大阪地検証偽造事件):

« 何気に無線化(有線よりもサクサク) | トップページ | 調整の日々(若干不安あり) »