« 相撲デッドのポイントを体得 | トップページ | 押尾学裁判その2(コメントへのお答え) »

2010年9月13日 (月)

十中八、九は救命可能は認定困難(押尾事件)

 本日は、押尾被告人の話題です。
 各メディアの報道によると、本日の法廷では、弁護側証人として救急救命医が証言したとのことです。その証言内容は、「田中さんのMDMAの血中濃度は致死量をはるかに超えており、救命可能性は非常に低かった」とのことです(産経新聞WEBサイト)。
 このような証言があった以上、保護義務は否定されます。救えない命を救うことは出来ないからです。そもそも法は不可能を要求するものではないのです。
 そもそも、救命可能性は、確実であることが要求されます。判例の表現を借りるのであれば、十中八、九救命出来たことが必要です。救命出来た可能性があるだけでは、駄目なのです。
 そして、この救命が確実であることは、検察が立証責任を負います。従って、被告人は何らの立証責任を負いません。検察側が立証出来なければ、被告人側が何も主張立証しなくとも、無罪なのです。
 仮に被告人が防御活動をするにしても、それは検察の立証について、合理的な疑いを生じさせれば、それで十分です。救命出来なかったことを立証する必要は皆無です。具体的には、十中八、九、救命確実であったことについて、わずかでも疑いを生じさせれば良いのです。
 本件の場合、救命救急医が、致死量をはるかに超えていたこと(客観的事実)を指摘した上で、救命可能性が非常に低かったと証言しています。このことからすれば、少なくとも、「十中八、九救命確実」であるとの心象は揺らぎます。揺らぐということは、合理的疑いが生じたということです。
 くどいようですが、本来救命可能性は、「十中、八、九」でなければなりません。この立証は、検察が100%行わなければなりません。もし、弁護側の防御活動で、検察の立証が揺らいだのであれば、検察が改めて、100%の立証をしなければならないのです。
 公判日程では、このまま検察求刑に入るようです。もし、このような救命可能性の疑念を残したままなのであれば、無罪が当然です。救急車を呼ばなかったことは、道義的にはともかく、法的には全く問題ないことになるのです。
 しかも、押尾被告人は、心臓マッサージ、人工呼吸を行っているのですから、仮に保護義務が認められたとしても、その保護義務を果たしたことになります。救急車を呼ぶだけが、救命行為ではないはずです。特にドラッグの場合、異変を生じても、トリップ状態との区別が困難な場合もあります。従って直ちに救急車を呼ぶべきとまでは言い切れません。多少の異変なら、正常状態に回復することも、十分に有り得ます。そうすると、押尾被告人がドラッグを常用していた点は、有利に働く事情です。例えば、知人と飲酒中、その者が暴れ出しても、すぐには救急車など要請しないはずです。飲み過ぎ程度と考えるのが通常です。ところが、実は、急性アルコール中毒であったため、死亡に至った場合、これを保護責任者遺棄致死罪に問えるのでしょうか。
司法判断は客観判断です。主観判断厳禁です。被告人を許しがたいなどの感情論は、司法判断ではありません。それは政治判断です。政治判断をする裁判を人民裁判といいます。
 この事件で有罪判決が出たならば、もはやこの国には、司法裁判所は存在しません。どこかの国と同じく、人民裁判所が存在するだけです。
 本日は、以上です。

  
 

|

« 相撲デッドのポイントを体得 | トップページ | 押尾学裁判その2(コメントへのお答え) »

コメント

弁護側の医者の救命可能性は非常に低かったという証言がどれだけの重みを持つか、私は有罪判決が出ると思いますよ。まず、女性が薬を持ってきたという押尾の証言がまるで信憑性がないこと、押尾が薬を渡せば保護責任が生じるという論理が成立するとすれば、虚偽の証言をしている押尾は大変に不利になる。司法判断は大変に主観的なものです。だから、裁判官一人の判断でなく、国民から選んだ裁判員を参加させて、すこしでも客観的なものにしようと努力していると思うのですが。ともかく、判決が出れば答えがあきらかになります。私は実刑5年、執行猶予取り消しの1年半をくわえて、6年半とみています。

ハナムラ様

ブログ管理人です。
コメント有難うございます。
平成22年9月14日付記事に、
ハナムラ様コメントに、
インスパイアされた記事を掲載いたしておりますので、
お時間があるときにでも、
ご訪問頂けますと幸いです。
以上です。

投稿: ハナムラ | 2010年9月13日 (月) 午後 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/49439536

この記事へのトラックバック一覧です: 十中八、九は救命可能は認定困難(押尾事件):

« 相撲デッドのポイントを体得 | トップページ | 押尾学裁判その2(コメントへのお答え) »