« 名古屋市選管の中立性を疑う(元議員が選管委員?) | トップページ | 星野勘太郎選手まで(天界でヤマハ・ブラザーズ) »

2010年11月27日 (土)

ベンチプレス125kgほとんど確実(目標130kgへ上方修正)

 まず、標題とは、いささか無関係ですが、パワーリフティング競技者の皆様へのお知らせです。体重別階級が変更になるとのことです。これは、国際パワーリフティング連盟(IPF)総会の決定とのことです。
 その内容は、体重別10階級を、8階級へ変更するものです。選手によっては、不利益的な変更となります。
 具体的な階級分けは、口頭ベースで聞いた話のため、現時点では正確なことを申し上げられないのですが、75kg級は、リミットが1kg下がって74kg級に変更となります。逆に、82.5kg級は0.5kg増えて83kg級になります。私の場合、減量して75kgへ参戦しているため、正直厳しい変更です。ぎりぎりで絞っているところへ、さらに1kgの減量は、かなりのパワーダウンにつながります。
 東京都パワーリフティング協会では、IPFの施行時期に併せて、来年1月開催の試合から適用になるとのことです。
 そのため、私が参戦を予定している試合(1月下旬予定)は、新階級で行われるため、74kg級と83kg級のどちらでエントリーするか、かなり悩むことになります。年末年始を控え、体重増加の要因が増えますので、本当に頭が痛い話です。
 おそらく、74kg級まで減量するのは、厳しいと思うますので、83kg級ということになるかと思います。
 そこで、標題の話題ですが、本日の練習で、試合方式で、125kgをきっちり取れました。前回のトレーニングから中3日で、休養完全ではないにもかかわらず、この数字ですので、絶好調といえます。
 ここで減量が入ると、今の125kgをいかにキープするかが課題となるのですが、83kg級まで増量するならば、現在の好絶の大波に乗らない訳には行きません。年末年始で、宴席が増えることを、逆にパワーパップのトリガーとして、積極的に利用することも戦略のうちではないかと思います。
 もし、仮に、74kgでエントリーし、減量に失敗した場合、オープン参加になります。しかし、この場合でも、新83kg級の東京都記録にはなるのとのことです。そこで、とりあえず74kg級でエントリーする形も考えられます。
 いずれにしても、ベンチプレスは、自己記録130kgまでは戻して、さらなる更新も目指したいところです。本日は、以上です。

|

« 名古屋市選管の中立性を疑う(元議員が選管委員?) | トップページ | 星野勘太郎選手まで(天界でヤマハ・ブラザーズ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/50148479

この記事へのトラックバック一覧です: ベンチプレス125kgほとんど確実(目標130kgへ上方修正):

« 名古屋市選管の中立性を疑う(元議員が選管委員?) | トップページ | 星野勘太郎選手まで(天界でヤマハ・ブラザーズ) »