« ベンチ100kg×8成功(足上げ+静止) | トップページ | ベンチプレス125kgほとんど確実(目標130kgへ上方修正) »

2010年11月25日 (木)

名古屋市選管の中立性を疑う(元議員が選管委員?)

 名古屋市議会リコールにつき、名古屋選挙管理委員会は、リコール署名が不足しているいとの結論を出しました。これに対しては、河村市長はもちろん、橋下大阪府知事も、批判的コメントを出しています。
 これら方のコメントはには、100%同意できます。後出しジャンケンで、署名の有効性を厳しく査定することは、河村市長のコメント通り、民主主義の危機といっても過言ではないでしょう。
 さらなる、問題は、大マスコミ様が、この選挙管理委員会の政治的中立性に関しての、調査報道を怠っている点です。週刊ダイヤモンド誌によると、4名の選挙管理委員のうち、3名が元市議で、しかも河村市長が問題視しているオール与党(自民党、民主党、公明党)から選出されているとのことです。
 おまけに、この配分は、前委員も全く同じで、いわば選管は、元議員の天下り先的位置づけにあります。詳細は、下記、週刊ダイヤモンド社のWEBサイトからご確認下さい。
 http://diamond.jp/articles/-/9891?page=2

 この事実から考えますと、名古屋市選挙管理委員会の政治的中立性は、全くないといえます。先日のブログの話題を用いるならば、中立性は「NULL」です。
 このような重大な事実を、なぜマスコミは報道しないのでしょうか。選挙管理委員会の委員の経歴などは、少し調べれば、すぐにわかるはずです。選管の一方的なコメントだけを報じるなら、通信社1社あれば十分です。
 ところで、調査報道という視点で考えますと、小沢氏の土地取引の件で、売主側にアプローチしたマスコミ記者が存在しないのは何故でしょうか。
 もし、小沢氏の政治資金報告書の記載が虚偽ということになれば、土地所有権移転登記の日付も虚偽ということなります。これは、公正証書原本不実記載罪に該当します。
 この点についての調査報道が全くなされていないのは、極めて疑問です。売主が誰なのかは、登記簿(登記事項証明書)で、誰にでもすぐにわかることなのですが。。。
 本日は、以上です。

|

« ベンチ100kg×8成功(足上げ+静止) | トップページ | ベンチプレス125kgほとんど確実(目標130kgへ上方修正) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/50124030

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市選管の中立性を疑う(元議員が選管委員?):

« ベンチ100kg×8成功(足上げ+静止) | トップページ | ベンチプレス125kgほとんど確実(目標130kgへ上方修正) »