« トレーニングジム臨時開館(短縮営業の補填) | トップページ | 改行注意(ラブレッスン?) »

2011年4月 7日 (木)

バックアップの重要性(サーバーメールうっかり削除)

 プロバイダーには、申し訳ないのですが、メールソフトの設定を「受信後もサーバーにメールを残す」にしておりました。
 ところが、先日、新規メールアカウントを設定した際、誤って、受信後削除に設定が変わってしまいました。そうしたことろ、これまでサーバーに貯めこんでおいた数千通のメールが一気に流れこみ、メールソフトが重複メールだらけに。
 メールが読みにくくなった点は仕方がないのですが、サーバー内のメールが無くなってしまったため、外出先で受信済みのメール確認が出来なくなってしまいました。
 それだけであれば、不便を我慢すれば良いのですが、問題は、PCクラッシュの際、サーバーメールからバックアップ出来なくなる点が困ります。
 そんなこともあろうかと、全メールをフリーメールに転送してあるので、万一の場合でも、一応は安心です。
 ところで、ある自治体で、津波被害によって、戸籍データー、住基ネットデータが消滅したとのニュースを耳にしました。
 このようなデータは、当然ミラーサーバーがあって、そちらにバックアップされていると思っていたのですが、そうではなかったようです。被災地の自治体なので、あまり厳しいことは言いたくないのですが、これはやはりシステム管理者の人為的ミスと言わざるを得ません。
 そもそも、住基ネットデータは、総務省管轄下で、どこかのデータセンターにバックアップしているものと、考えておりました。
 1万人程度の住民登録データであれば、アクセスで十分対応出来ます。そう考えると、バックアップHDDの容量は、1TBもあれば足りると思われます。1TBの外付けHDDなら、1万円もしません。
 もし、このような事態が民間企業で生じたら、すぐに業務改善命令でしょう。身内に甘く、他人に厳しいのがお役所の体質が、ハッキリと現れた事例と言えます。
 本日は、以上です。

 

 

 

|

« トレーニングジム臨時開館(短縮営業の補填) | トップページ | 改行注意(ラブレッスン?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506701/51329389

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップの重要性(サーバーメールうっかり削除):

« トレーニングジム臨時開館(短縮営業の補填) | トップページ | 改行注意(ラブレッスン?) »